ギャンブル 知っておきたい還元率

伏せたカード

ギャンブルには競馬や競輪、宝くじ、カジノ、サッカーくじ、パチンコなどいろいろな種類があって、国によって人気のあるゲームも異なります。世界のギャンブルガイドで紹介されているもので同じ種類のゲームでも、国ごとに稼げる金額が違ったりルールが微妙に違うことがあるので気をつけましょう。特に注目したいのは還元率で、勝負に勝っても賞金を100パーセント手に入れられるわけではなく決められた割合だけが手元に残ります。これは、運営側が手数料や運営費用などを差し引くことが原因で、競輪なら自転車競技法、宝くじなら当せん金付証票法など法律で割合も決められています。

日本で行われているギャンブルの還元率は、宝くじが46パーセントくらい、競輪やオートレースが75パーセントくらい、パチンコは85パーセント、サッカーくじは50パーセントです。競技によってかなり割り合いが異なるので、同じ金額を勝ち取ったときにも実際に手元に残るお金はずいぶん違ってきます。海外のカジノは賞金のほとんどが払い戻されることで知られていて、効率よくお金を稼ぐことができます。海外の会社が運営していて日本からでもアクセスできるオンラインカジノも活用すると上手にお金儲けができます。

ギャンブルは必勝法を知れば勝ちやすくなる

ディーラー

ギャンブルを嗜む人の多くは、「何か必勝法がないものか」と考えることが珍しくありません。「ギャンブル」という性質上、勝つときもあれば負けるときもあるわけですが、世界中で勝ち続けるための方法が研究され続けていて、中には正にその方法を確立している種目もあります。明確なガイドラインなどをしっかりと把握できていれば、そこから個々人ごとの攻略法を見出すこともできます。

非常に分かりやすい例となるのは、ポーカーにおける「カウント」という方法です。卓越した数学の能力が必要とされますが、この方法を完璧に実践することができれば非常に高い勝率が見込める様になります。現に、この方法でラスベガスのカジノから出入り禁止になっているプロギャンブラーもいるほど、確実性、効果ともに高い攻略法です。

しかし、いかなる攻略法であっても「必勝」とはいきません。そもそも、勝ち続けるしかなくなるのであればそれはすでにギャンブルではなくなってしまうので、根本的な部分が共存できません。ただ、必勝とまではいかないまでも勝敗をある程度コントロールすることができれば、総収支において勝ち続けることが可能になります。細かな部分まで分析することは大変ですが、「勝ちたい」のであればしっかりと実践しておいた方が良いでしょう。

ギャンブルを副業とする

基本的にギャンブルというのは、趣味の1つとして楽しんだり、あるいは一攫千金を夢見て取り組む人が大半となっています。しかし中には、副業としてギャンブルを行っている人もいるので、それについてガイドをしていきます。

例えば日本の場合、パチンコやスロットでお小遣いを稼いでいる人もいますし、本業以上の収入を稼いでいる人もいたりします。本人の努力次第で勝率が高まるギャンブルでもあるので、知識やテクニックを駆使して稼ぐわけです。

また、世界のギャンブルでも、オンラインカジノやブックメーカーなどを活用している人も多いです。これらは控除率が低いこともあり、やり方次第では十分に副業として取り組むことは可能なのです。

もちろん、安定して勝ち続けることはそう簡単なことではありませんし、国内だろうが世界だろうが勝つためには努力を惜しんではいけないのです。勝つための研究や情報収集はもちろんですが、何より遊びたい気持ちを抑止するための強い精神力を必要とするのです。

大多数の人は、ギャンブルをしたいと思った時に、その気持ちを抑えることが難しいのです。結果として、勝てる見込みが薄くてもやってしまい、それによって勝つことができないのです。逆に勝てている人は、勝てる時しか勝負をしないわけです。

ギャンブル