ギャンブル 不動の人気の宝くじ

キャッシュケース

年末ジャンボ、サマージャンボなどテレビで売り場に行列ができているのを中継していたり、この売り場から1等が当選したと話題になったり、宝くじは国民の生活に根付いていてギャンブルに興味がない人でもその名前を知っています。特別な知識がなくても券を買うだけで当たりを狙えるので、ギャンブルの世界に入る初心者にも向いていてガイドでも常に人気トップです。

世界で最初に登場したのは今から2000年以上昔の古代ローマ時代だったと言われていて、当時から国民が熱中して当たりを狙ってプレーしていました。中世のヨーロッパでも、国の建設費用や国政のための資金作りとして政府がくじを発行した歴史があります。

日本の宝くじは、当たりを狙うために神頼みをしたり、当選確率をアップさせることで御利益のある金運神社などが登場するほどで、実際に当たれば一気に何億円もの現金が手に入って億万長者になることもできます。競馬やパチンコなどある程度ルールを知っていて自分の腕が試されるギャンブルと違い、単純にくじを買って当選番号が決まるのを待つだけなのも人気が続いている理由です。特に年末年始や夏休みなどの大型連休中に発売されるタイプは、毎回買うのを習慣にしているリピーターも大勢います。