世界のギャンブルにおける税金

税金計算

ギャンブルは世界中のいろんな国で行われています。もちろん勝つこともあれば負けることもあるわけですが、もし勝った場合には税金の方はどうすればいいのでしょうか。これに関しては、ギャンブルの種類によってルールやガイドも違ってきます。

例えば宝くじの場合、日本では非課税となっており、たとえ何億円当選しても一切課税されることはありません。一方で海外の宝くじに関しては、国によっては課税される場合もありますし、外国人のみ課税対象となるケースもあります。また、日本人が海外で宝くじを購入して当選した場合、それを日本に持ち帰った場合には所得税を支払う必要があります。

次に競馬などの公営ギャンブルに関しては、一定以上の利益を得ると税金を払わなければなりません。海外の場合も国にもよりますが、課税対象としているケースが多いです。基本的には年間で50万円を超える利益を得た場合に、確定申告をする必要があります。

そして、海外のカジノやブックメーカーなどのギャンブルに関しても、現地に行って50万円を超えるだけの利益を得た場合には、やはり日本国内で所得税を納めなければなりません。この際に手続きをしていなければ、払い戻された金額が全て課税対象となってしまうので注意が必要となります。